女性のためのFPガイド【神戸版】 » ファイナンシャルプランナーに相談できること

ファイナンシャルプランナーに相談できること

ファイナンシャルプランナーが相談に乗ってくれる主な内容について説明しています。

ファイナンシャルプランナーに相談するべき4つのこと

自分の大切な資産をうまく運用したい。

そんな人こそ、今すぐにファイナンシャルプランナーに相談するべきです。相談する時期が早ければ早いほど、無駄なロスを減らすことができます。

このカテゴリでは、ファイナンシャルプランナーに相談できる4つの項目について掘り下げていきます。

保険の見直し、新規加入

「保険の見直し」は万一のときに資産を守るために、ファイナンシャルプランナーが必ず提案することです。

自分が働けなくなったときのための保障や投資した不動産への保険、積立ての意味での保険など、保険には様々な種類があります。

まだ保険に入っていない人も、ファイナンシャルプランナーに相談してから自分に合う保険を決めた方が、失敗のリスクを減らすことができるでしょう。

ここでは保険を選ぶ際の注意点や生命保険の基礎知識、保険を見直すのに適した人生の節目などについて説明しています。

保険の見直し、新規加入について
もっと調べる

生活費の見直し

「生活費の見直し」では貯蓄をするためのコツと、人生の三大支出について説明しています。

人生には住宅購入と教育費、老後の生活費という大きな出費があります。

住宅購入では賃貸に住み続けるのと持ち家を手に入れた場合のメリット・デメリットの比較、教育費は幼稚園・小学校・中学校・高校の費用、公立と私立の金額の比較を掲載しました。

そのほか、老後の生活資金として必要と思われる金額についても簡単に説明しています。

生活費の見直しについて
もっと調べる

資産運用、運用方法の見直し

「資産運用、運用方法の見直し」では個人向け国債や投資信託、株式投資、外貨預金、不動産投資など一般的な資産の運用方法を説明しています。

税制メリットのあるNISAや確定拠出年金iDeCoについても紹介。一般NISA・つみたてNISA・ジュニアNISAの3種類と確定拠出年金iDeCoのポイントを簡単にまとめました。

そのほか、遺産の運用についても、相続の際に気をつけたいことなどを挙げています。

資産運用、
運用方法の見直しについて
もっと調べる

老後資金の相談

「老後資金の相談」では、老後の生活に必要な金額やどのように準備していくかなどを説明しています。準備の方法として、貯蓄・資産運用・定年後も働くの3つを挙げて、それぞれを選んだ場合どうなるのかについて説明しています。

また、老後資金をFPに相談した方が良い理由として、いくつかポイントを挙げています。

老後資金の相談について
もっと調べる

その他にも相談できること

住宅ローンの見直し

ファイナンシャルプランナーは住宅ローンの見直し相談にも対応しています。

住宅ローンでは、支払いの途中で借り換えを検討する人が増えているといいます。住宅ローンを抱えている多くの人は数十年にわたって返済するローンを組んでいます。ローンを組んだ当初から月日がたち、収入や支出が変わったことで、「住宅ローンの見直しで、少しでも負担を減らせないか」と相談するのだそうです。

また、「土地の価値が下がり、自分の年齢は上がってしまった。それでもまだ借り換えできるのか?」といった相談や「ローン残額は全体の半分ほどまで支払ったから、団信保険の保障を下げても問題ないか」など、さまざまなケースがあります。

ファイナンシャルプランナーに相談して、自分に合った住宅ローンを選ぼう

住宅ローンの見直しはただ単に金利の低いローンへと変えればいいわけではなく、諸費用の比較や保障、教育費などのこれからかかる出費などを考慮したうえで選択する必要があります。将来設計を含めて包括的なアドバイスができるファイナンシャルプランナーなら、あなたにとって最も適した方法を提示してくれるでしょう。

相続に関する相談

相続に関する問題は、複雑で聞き慣れない言葉もたくさん。いったいどうすれば大きな負担や損害を避けて解決できるのか、わかりませんよね。動く金額も大きいことが多いため、法律やお金のプロに相談することが望ましいでしょう。

ファイナンシャルプランナーは、相続が起きる前・起きた後・相続を終えてからの生活設計などあらゆるシーンでサポートしてくれます。「相続税はどのくらいになるのか」「相続税がかかりそうだけど、できる対策はあるのか」「相続税はかからないけど、やっておくべきことがあるのか」などなど、相続に関するさまざまな悩みを相談できます。

年金に関する相談

国民年金や厚生年金、老齢年金や障害年金、遺族年金…。ひとくちに年金といっても、その種類はさまざま。「何歳から、いくらくらいもらえるの?」「受給年齢の繰り下げは損?」「私がもらえる年金はどのくらいで、老後資金はどのくらい足りないの?」など、年金の仕組みさえ良く分からないのが実情ではないでしょうか。

ファイナンシャルプランナーは老後資金の相談はもちろん、年金についての相談も扱っています。将来もらえる年金額から不足している老後資金の準備など、ファイナンシャルプランナーなら将来設計を踏まえた対策を教えてくれます。

年金に関する不安や疑問はもちろん老後の資金なども気になる方は、ファイナンシャルプランナーに相談してみてはいかがでしょうか。

神戸の女性におすすめ※1 ファイナンシャルプランナー
オフィス3選
ユニバーサル
財務総研
イメージ
引用元:ユニバーサル財務総研公式HP
https://www.universal-fp.com/
個別相談 無料
在籍FPの保有資格
CFP
AFP
FP技能士
※2
無料セミナー会場 神戸国際会館など
(定員15名)
公式サイトで
無料セミナーの
内容を見る

電話で相談・予約をする
9:30~18:30
(土・日・祝休)

リスク
マネージメント神戸
イメージ
引用元:リスクマネージメント神戸公式HP
https://www.rm-kobe.com/
個別相談 セミナー参加者は無料
在籍FPの保有資格
CFP
AFP
FP技能士
※2
無料セミナー会場 自社
(定員10名)
公式サイトで
無料セミナーの
内容を見る

電話で相談・予約をする
10:30~19:00
(年末年始・不定休)

アイデアル
スマート
イメージ
引用元:アイデアルスマート公式HP
https://ideal-smart.co.jp/
個別相談 5,000円(税別)~
在籍FPの保有資格
CFP
AFP
FP技能士
※2
無料セミナー会場 自社
(定員8名)
公式サイトで
無料セミナーの
内容を見る

電話で相談・予約をする
9:00~17:00
(日・祝休)

※1.女性向けのマネーセミナーを開催している
※2.世界24カ国・地域(2019年2月現在)で導入されている上級FP資格「CFP」、FPとして十分な基礎知識を持っていることを証明する「AFP」、国家資格である「FP技能士」の在籍の有無を調べました。ファイナンシャルプランナーは資格がなくても従事することができる職業ですので、個人の能力には相当な差があります。信頼できるFPを探す1つの指標として、資格の有無を確認してみると良いでしょう。各資格の詳細は、ページ下部で紹介しています。