女性のためのFPガイド【神戸版】 » ファイナンシャルプランナーに相談できること » 資産運用、運用方法の見直し

資産運用、運用方法の見直し

ファイナンシャルプランナーへの相談で多い、資産運用について説明します。

ファイナンシャルプランナーに相談できる資産運用の種類

ファイナンシャルプランナーは顧客の資産を守る、増やすという2点についてアドバイスを行います。資産を守るのが保険なら、増やすための方法の代表格が資産運用です。

では、ファイナンシャルプランナーがアドバイスする資産運用には、どのようなものがあるのでしょうか?

個人向け国債

国が個人向けに発行している債券で、安全性の高い商品です。通常、債券は金利の変化で債券価格は変動しますが、個人向け国債の元本価格は変動しないので、元本割れの心配はありません。

日本銀行がマイナス金利政策を導入してから、大手銀行は定期預金金利を年率0.01%(税引前)へ引き下げをしました。

最低金利が年率0.05%(税引前)と保証されている個人向け国債は、ローリスクでありながら、魅力的な商品だといえるでしょう。

個人向け国債のメリット

  • 0.05%の最低金利が保証されているので、安定的な収益が見込める。
  • 1万円から購入できる。

個人向け国債のデメリット

  • 日本政府が返済不能になった場合、元本や利子の支払いが遅れたり、出来なくなったりすることがある
  • 原則、発行後1年経過しないと換金することができない(例外的に中途換金の特例として可能な場合もある)

投資信託

通常、株式や債券の投資には、ある程度まとまった資金が必要になります。

投資信託の場合は、大勢の投資家から集めた資金を資産運用のプロが運用を行うので、少額からでも投資が可能です。

投資対象は、国内外の株や債券、国内外の不動産、金などの商品などがあり、個人では投資できない資産への投資も、投資信託を通じて購入することができます。

商品の種類は2,500本以上あり、ハイリスク・ハイリターン商品からローリスク・ローリターン商品まで、ニーズにあわせて選べます。

投資信託のメリット

  • 少額からの投資が可能(100円~)
  • 専門家による運用

投資信託のデメリット

  • 元本保証ではないので、投資商品の値動きによって元本割れのリスクがある
  • 買付手数料やファンドの管理費用(含む信託報酬)、信託財産留保額、換金手数料などのコストがかかる

株式投資

投資信託とは違い、上場企業の株式の中から自分で買いたい銘柄を見つけて投資します。

東京証券取引所に上場している銘柄のうち、約7割の銘柄は20万円以下で取引することが可能です。

リスクはありますが、ハイリターンを期待できるのが魅力の1つでもあります。

上場企業の業績などは企業のホームページで公開されているので、投資するのに必要な情報を簡単に閲覧することができます。

株式投資のメリット

  • 高いリターンを期待できる
  • 値上がり益とは別に、株主配当や優待ももらえる

株式投資のデメリット

  • 企業の経営や財務状況が悪くなった場合、値下がりによる元本割れや、倒産のリスクがある
  • 取引の際に手数料がかかる

外貨預金

金利の高い国の通貨で預金をすることで、高い金利収入を得ることができます。

為替変動の影響を大きく受けるので、円安になれば利益がでますが、円高になれば損失がでて、元本割れを起こす場合もあります。

外貨預金のメリット

  • 海外の高い金利をもらえる
  • 為替差益が期待できる

外貨預金のデメリット

  • 為替差損で元本割れのリスクがある。
  • 外貨や日本円に交換する際に、為替手数料がかかる

不動産投資

株式投資と違い、資産価値がゼロになる恐れがない投資といえます。

不動産価格はエリアなどで大きく変わり、不動産投資には多額の資金が必要になるので、綿密なリサーチと新計画が非常に重要になります。

国土交通省が公示価格や実際に行われた不動産の取引価格情報を公開しています。

不動産投資のメリット

  • 賃料収入と物件価値が上がったときの両方で利益が期待できる
  • 価値がゼロになることがなく、安定している

不動産投資のデメリット

  • 初期費用が高額で、値下がりのリスクがある
  • 借主が退去すると、当初の利回りは期待できない

注目の税制優遇制度

NISA(少額投資非課税制度)

NISA口座で購入した株式や投資信託について、配当金や分配金、売却益が一定期間非課税になる制度です。

20歳以上の日本居住者なら誰でも利用することが可能ですが、NISA口座の開設は1人1口座なので、複数の金融機関で開設することは出来ません。

NISA、つみたてNISA,ジュニアNISA(19歳以下)の3種類があります。

ここではNISAとつみたてNISAについて詳しくご紹介します。

NISA

NISAは年間120万円を上限に購入が可能で、最長5年間非課税になります。投資可能期間は2014年~2023年の10年間。

NISAが利用できるのは、上場株式、投資信託、ETF(上場投資信託)、ETN(上場投資証券)、REIT(不動産投資信託)等になります。

つみたてNISA

つみたてNISAは、一般NISAと違い、年間40万円を上限として、最長20年の非課税期間が設けられている制度です。投資可能期間は2018年~2037年。

こちらは、投資信託を積み立てしていくので、投信つみたての商品と似ていますが、投資した資産の値上がり益や配当金・分配金にかかる税金が非課税になる点が異なります。

また、投信つみたてでは、対象になっているあらゆる投資信託の中から投資対象を選ぶことが出来ますが、つみたてNISAの場合は、国が定めた基準を満たした投資信託の中から選ぶことになります。

確定拠出年金iDeCo(イデコ)

iDeCoは、毎月または月ごとに決まった金額を積み立てて、自分で運用する年金制度です。運用したお金は、60歳以降に年金か一時金で受け取ることができます。

iDeCoの最大のポイントは、税制メリットです。積立時・運用時・受け取り時に税制優遇があり、特に積立時には掛金が全額、所得控除されるため、大変魅力的だといえます(年間の掛金限度額は決まっています)。

「プロに相談」がおすすめ!
遺産の運用

相続で急に大金を手にしてしまい、どうしたら良いか困ってしまうケースもあるかと思います。

何もせずに預金するのも1つの方法ですが、まとまったお金が手元にあるのであれば、資産運用を考えてみても良いでしょう。

ただし、初心者がいきなり大金を持って株などに手を出すのは、大きなリスクを伴います。

まずはお金のプロであるファイナンシャルプランナー(FP)に相談することで第三者の視点を入れ、慎重に判断することをオススメします。

神戸市内でも、FPオフィスが主催する無料のマネーセミナーが定期的に開催されています。

どんなファイナンシャルプランナーが相談に乗ってくれるのかを見極めるために、セミナーに参加してみても良いかもしれません。

神戸の女性におすすめ※1 ファイナンシャルプランナー
オフィス3選
ユニバーサル
財務総研
イメージ
引用元:ユニバーサル財務総研公式HP
https://www.universal-fp.com/
個別相談 無料
在籍FPの保有資格
CFP
AFP
FP技能士
※2
無料セミナー会場 神戸国際会館など
(定員15名)
公式サイトで
無料セミナーの
内容を見る

電話で相談・予約をする
9:30~18:30
(土・日・祝休)

リスク
マネージメント神戸
イメージ
引用元:リスクマネージメント神戸公式HP
https://www.rm-kobe.com/
個別相談 セミナー参加者は無料
在籍FPの保有資格
CFP
AFP
FP技能士
※2
無料セミナー会場 自社
(定員10名)
公式サイトで
無料セミナーの
内容を見る

電話で相談・予約をする
10:30~19:00
(年末年始・不定休)

アイデアル
スマート
イメージ
引用元:アイデアルスマート公式HP
https://ideal-smart.co.jp/
個別相談 5,000円(税別)~
在籍FPの保有資格
CFP
AFP
FP技能士
※2
無料セミナー会場 自社
(定員8名)
公式サイトで
無料セミナーの
内容を見る

電話で相談・予約をする
9:00~17:00
(日・祝休)

※1.女性向けのマネーセミナーを開催している
※2.世界24カ国・地域(2019年2月現在)で導入されている上級FP資格「CFP」、FPとして十分な基礎知識を持っていることを証明する「AFP」、国家資格である「FP技能士」の在籍の有無を調べました。ファイナンシャルプランナーは資格がなくても従事することができる職業ですので、個人の能力には相当な差があります。信頼できるFPを探す1つの指標として、資格の有無を確認してみると良いでしょう。各資格の詳細は、ページ下部で紹介しています。