女性のためのFPガイド【神戸版】 » ファイナンシャルプランナーに相談できること » 老後資金の相談

老後資金の相談

ファイナンシャルプランナーへの相談で多い、老後資金について説明しています。

女性が備えておきたい老後資金

日本男性の平均寿命は81.25歳、女性の平均寿命が87.32歳。

独身であっても既婚であっても、ほとんどの女性が老後を1人で過ごすことになります。

長生きする女性こそ、老後資金をしっかり備えておかなければなりません。

老後資金はいくら必要?

金融庁が発表して話題になった「夫婦で約2000万円」や、「おひとり様だと3,000万円」など、さまざまな説があります。

世帯主が65歳以上に調査した「平成30年度 生命保険に関する 全国実態調査」によると、夫婦の老後生活資金として公的年金以外に必要だと考えている金額は、月額15.9万円(平均)という結果がでています。*95歳まで単純に5,724万円が必要になる計算になります。

老後にもらえる年金額や希望する老後の生活費によって必要額は変わってきますので、一概に当てはめて考えることは難しいでしょう。

老後資金はどうやって準備する?

準備しようと思い立ったタイミングがいつかによって、方法は変わってきます。

貯蓄や資産運用、定年後も働く選択肢を考えてみましょう。

貯蓄

貯蓄で老後資金を準備しようと考えている人がほとんどだと思われます。

ゼロ金利の時代だと、毎月約42,000円を40年間積み立てして、ようやく2000万円になります。

スタートが30代、40代と遅くなればなるほど、毎月の積立額はどんどん増えていき、実現できそうにない数字になってしまいます。

貯蓄だけで考えるなら、いかに早い時期から始めるかと、持続できるかが重要になるでしょう。

資産運用

NISAは購入した株式や投資信託の配当や分配金、売却益などが一定期間非課税になる制度です。

また確定拠出年金iDeCoは、毎月決まった金額を積み立てて、自分で運用する年金で、積立時・運用時・受け取り時に税制が優遇されるのが、魅力です。

iDeCoは、掛け金が全額所得控除になるため、30年間で100万以上の節税になる場合もあります。

定年後も働く

年金の繰り下げを70歳にすると、受け取れる年金は42%増額します。

定年後も働くことで生活費を賄うことができ、65歳から受け取るはずの年金を増やすことが出来ます。

しかも、繰下げして増額になった年金額は一生変わりません。十分な老後資金を準備できなくて焦っている人も考えることのできる選択肢の1つです。

老後資金はお金のプロに聞け!?
FPに相談した方が良い理由

老後資金を準備するには、年金や資産運用などのさまざまな知識が必要になります。

老後生活のカタチは人それぞれ

老後の生活をどのように暮らしたいかによって、老後に必要になる資金は変わってきます。

自分が求める老後の生活にはいくら必要になるのか。お金のプロであるファイナンシャルプランナー(FP)に自分のライフプランを相談することで、想定金額を出してもらえます。

いろいろな専門知識が必要だから

老後資金の準備には、いろいろな方法があって、何を選んでいいのかわからなくなる人も多いでしょう。

年金や資金運用などは、専門的な知識が必要になるため、お金について幅広い知識をもつプロと一緒に、老後の生活設計をファイナンシャルプラングすることをおすすめします。

FP主催のマネーセミナーで
老後資金について学ぶのも手

いきなりFP事務所で個別相談するのは抵抗を感じる場合は、まず無料のマネーセミナーに参加してみましょう。

女性向けのセミナーもあるので、参加してみて信頼できるファイナンシャルプランナーかどうかを判断してから、個別相談するのも手だといえます。

神戸の女性におすすめ※1 ファイナンシャルプランナー
オフィス3選
ユニバーサル
財務総研
イメージ
引用元:ユニバーサル財務総研公式HP
https://www.universal-fp.com/
個別相談 無料
在籍FPの保有資格
CFP
AFP
FP技能士
※2
無料セミナー会場 神戸国際会館など
(定員15名)
公式サイトで
無料セミナーの
内容を見る

電話で相談・予約をする
9:30~18:30
(土・日・祝休)

リスク
マネージメント神戸
イメージ
引用元:リスクマネージメント神戸公式HP
https://www.rm-kobe.com/
個別相談 セミナー参加者は無料
在籍FPの保有資格
CFP
AFP
FP技能士
※2
無料セミナー会場 自社
(定員10名)
公式サイトで
無料セミナーの
内容を見る

電話で相談・予約をする
10:30~19:00
(年末年始・不定休)

アイデアル
スマート
イメージ
引用元:アイデアルスマート公式HP
https://ideal-smart.co.jp/
個別相談 5,000円(税別)~
在籍FPの保有資格
CFP
AFP
FP技能士
※2
無料セミナー会場 自社
(定員8名)
公式サイトで
無料セミナーの
内容を見る

電話で相談・予約をする
9:00~17:00
(日・祝休)

※1.女性向けのマネーセミナーを開催している
※2.世界24カ国・地域(2019年2月現在)で導入されている上級FP資格「CFP」、FPとして十分な基礎知識を持っていることを証明する「AFP」、国家資格である「FP技能士」の在籍の有無を調べました。ファイナンシャルプランナーは資格がなくても従事することができる職業ですので、個人の能力には相当な差があります。信頼できるFPを探す1つの指標として、資格の有無を確認してみると良いでしょう。各資格の詳細は、ページ下部で紹介しています。